CentOSにCppcheckをRPMでインストールする方法

Cppcheckはとても優れたツールですが、Windowsで使用する場合はSetupがありますが、Linuxで使用する場合は手動でのインストールになります。

ソースコードをダウンロードしてビルドすれば良いのですが、ビルドするツールをインストールできない場合などビルド困難な場合がありますので、RPMパッケージをインストールする方法を紹介します。

Note

1つ注意なのは、RPMパッケージでインストールするため必ずしも最新版のCppcheckを使えるわけではありません、新しいCppcheckがどうしても使いたい場合はソースコードからビルドしましょう。

紹介する方法はCentOS6を対象にしますが、別バージョンのCentOSに関しても目的のバージョンに置き換えればインストール可能だと思います。

How to Install

cppcheck Download (DEB, RPM, TXZ)

上記のリンクから目的のCppcheckのRPMパッケージを探します。

CentOS6のx86_64のCppcheckを選択するとパッケージの詳細ページに行きます、下の方にDownloadという項目があります。

DownloadアイコンをクリックするとRPMパッケージへのリンクがあるページに行きますので、"Binary package"のリンクをコピーして、CppcheckをインストールするCentOS上でwgetします。

$ wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/cppcheck-1.63-2.el6.x86_64.rpm

あとはrpmコマンドでインストールします。

$ sudo npm -ivh cppcheck-1.63-2.el6.x86_64.rpm

残念なことに自分の環境では以下のようなエラーが出ました。

warning: cppcheck-1.63-2.el6.x86_64.rpm: Header V3 RSA/SHA256 Signature, key ID 0608b895: NOKEY
error: Failed dependencies:
        libtinyxml2.so.1()(64bit) is needed by cppcheck-1.63-2.el6.x86_64

libtinyxml2がないみたいです。

依存パッケージは最初に選択したパッケージのリンク先で確認できます。

cppcheck-1.63-2.el6.x86_64.rpm CentOS 6 Download

足りないパッケージは環境によって違うと思いますので適宜インストールします。今回のケースではlibtinyxml2が足りないので、Cppcheckと同じようにインストールしていきます。

DownloadからRPMパッケージへのリンクをコピーしてインストールします。

$ wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/tinyxml2-1.0.11-4.20130805git0323851.el6.x86_64.rpm
$ sudo rpm -ivh tinyxml2-1.0.11-4.20130805git0323851.el6.x86_64.rpm

これでCppcheckをインストールする準備ができたので改めてインストールします。

$ sudo npm -ivh cppcheck-1.63-2.el6.x86_64.rpm

エラーがでなければインストール完了です。


新しいバージョンをビルドしてインストールしたいなどで、パッケージをアンインストールする際には以下のようにアンインストールします。

$ sudo npm -e cppcheck-1.63-2

まとめ

RPMパッケージを直接インストールすることで、リポジトリの追加やビルドツールのインストールなどが省けるメリットがあります。デメリットはバージョンが固定なことです。

状況に応じてインストール方法を選択していくことになると思いますが、RPMでのインストールは簡単だったので割りとおすすめです。

Show comments

Adsense

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About

趣味でプログラミングをしています。仕事では致し方なくC言語のようなC++を書いています。

Recently

Tags

Pages